実践マーケッター、天才経営コンサルタント神田 昌典さんの書籍は、費用対効果が抜群!!安すぎます。商売をしている人はぜひ!





成功して不幸になる人びと ビジネスの成功が、なぜ人生の失敗をよぶのか |ジョン・オニール

成功して不幸になる人びと ビジネスの成功が、なぜ人生の失敗をよぶのか成功して不幸になる人びと ビジネスの成功が、なぜ人生の失敗をよぶのか
ジョン・オニール
ダイヤモンド社 刊
発売日 2003-12-05
価格:¥1,890(税込)


たとえ成功を手にしても、現状に満足できなかったり、地位を失うことを恐れたり、燃え尽きたり、家族や健康を犠牲にしたりと、むしろ不幸の種をまいてしまっているというケースはめずらしくないだろう。本書は、成功の裏側にあるそんな実態に目を向けたもので、安易な成功本のブームに一石を投じる内容である。
著者はみずからのコンサルタント経験を交えながら、米国で成功者と目されているビジネスパーソンの事例を多数集め、じつは彼らがさまざまな代償に苦しんでいることを浮き彫りにする。そこには、成功したまさにその理由によって失敗する「成功のパラドクス」があるというのだ。ここに孤独や葛藤などのリーダーにつきものの不安定な内面が、じつによく描き出されている。
しかし、だからといって著者は、成功よりもっと別のなにかを追い求めよというのではない。本書で説くのは、「成功のパラドクス」を克服して、より長期的な成功を手にする方法である。具体的には、自分では隠そうとしているパーソナリティーであり、人生を大きく脅かすという「シャドウ」を観察し、それを活用し、人生を見つめ直す作業を指南する。ベースには心理学を置いているが、「棚卸し」「捨てる」「充電」「儀式」「自己のメンテナンス」などの馴染みのあるキーワードで自己変革や再生を支援してくれる。
成功と人生をめぐる著者の実践的な哲学と人物事例の検証は、非常に読みごたえがある。なかでも壁にぶつかった状態からの再生の視点や「組織のシャドウ」などのリーダー論にはヒントが多い。より確かな成功をつかみたい人や、メンタル面の危機管理をしたいリーダーなどは必読といえよう。(棚上 勉)

今後について考えてしまいました。 2004-03-10
とてもおもしろい本です。
事業に成功した人が必ずしも人生の成功をおさめるわけではない。と著者は言っています。
読み進めていくうちにその理由、経過がわかります。
その実例も多数ありますので、参考になる方も多いのではないでしょうか。
後半はお待ちかねの予防、対処法が書かれています。
言われてみれば知っているものもありますが、その効果がビジネスに結びつくことを示している点までは考えがつきませんでした。私はこの本を手元におき、今後も何かあるごとに参考にしながら
人生の幸せを追求していきたいと考えるまで至りました。
一度読んで見る価値はあると思います。


さらに詳しい情報はコチラから(クリック)≫


この記事は2006/4/30に作成しました。

【神田 昌典の経歴】
大学卒業後、ニューヨーク大学院、ペンシルバニア大学・ウォートンスクールMBA取得。 大学三年次に、外交官試験に合格し、大学四年次より外務省経済局に勤務。

外務省退職後、経営コンサルティング会社勤務後、米国家電メーカー・ワールプール社の日本代表に若干30歳にて就任。 日本市場を立ち上げ、売上は3年で年商8億円(OEM販売を含めて13億円)まで成長。

1998年ワールプール退社後、経営コンサルティング&経営者教育を提供する、株式会社アルマックを設立。 会員企業4000社を超える経営者組織:ダントツ企業実践会を主宰。2003年12月休会。

2000年には、フォトリーティングと呼ばれる米国の加速教育法を日本に紹介。 著書多数。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら