実践マーケッター、天才経営コンサルタント神田 昌典さんの書籍は、費用対効果が抜群!!安すぎます。商売をしている人はぜひ!





なぜ春はこない? |來 夢 /神田 昌典

なぜ春はこない?
なぜ春はこない?
posted with amazlet on 06.05.29
神田 昌典 來 夢
実業之日本社 (2003/03)
売り上げランキング: 14,876
おすすめ度の平均: 3.42
2 えっ、どこへ向かうの?
3 ユニークな着眼点です
4 あなたの今の季節は?

【私の評価】 ★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です


■著者紹介・・・神田 昌典

 大学卒業後、外務省経済局勤務。退職後、米国でMA,MBA取得。
 経営コンサルティング会社勤務を経て、米国家電メーカー日本代表
 に就任。売上げを3年間で8億円まで成長させる。
 1988年、アルマックを設立。「ダントツ企業実践会」を主催し、
 4000社を超える中小企業を集める。(2003年休会)


●私がこの本を手にしたのは、自分史を見直しているときに
 「12年単位で私の人生には大きな変化がおこるようだ」
 と気づいた次の日でした。

 こんな偶然があるのか?!不思議な気持ちでした。


●この本では、人生には3年単位で春・夏・秋・冬という
 サイクルが存在し、そのサイクルを意識することで、
 大きな失敗を避けることができるといいます。

 ・夏・・・目標を立てて、それに向かうというよりは、
  柔軟に調整することに比重をかけていくべき時期です。(p55)

●これは商品のサイクルにも共通していて、
 売れ始める「春」、もう止まらない「夏」、
 そして減速する「秋」という商品サイクルにもあてはまるのです。

 ・急に売れたものは、急に売れなくなる。
  ゆっくりと売れていたものは、長く売れ続ける。(p24)

●この本の本当のよい点は、理論そのものではなく、
 その理論を確かめるために、自分の人生を振り返るという
 ことだと思います。

 自分の人生を振り返り、
 自分の将来の計画を考えてみることが重要なわけです。


●この理論からすると、私は今、春のはじめのようです。
 目標を定めて努力していこうと思います。

 ・春は目標の重要性が高まります。・・・目標というのは
  短期的な視点(一年~二年)のゴールです。(p48)

●人生を振り返るきっかけとなる一冊ということで、
 ★3つとしました。

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・秋・・・賭けごとではなく、まず安全確実なところから
  じっくり体制を建て直していくことが大切です。(p60)


 ・上司の強烈ないじめです。ひとりではなく、何人からもいじめられた。
  ・・・そこで私は外務省を辞める決心をしました・・・
  外務省を辞めることは、たぶん、私の人生のなかで
  最も最良の決定だったと思っています。(p92)

なぜ春はこない?」神田 昌典、実業之日本社(2003/3)¥1,260
【私の評価】 ★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です


【神田 昌典の経歴】
大学卒業後、ニューヨーク大学院、ペンシルバニア大学・ウォートンスクールMBA取得。 大学三年次に、外交官試験に合格し、大学四年次より外務省経済局に勤務。

外務省退職後、経営コンサルティング会社勤務後、米国家電メーカー・ワールプール社の日本代表に若干30歳にて就任。 日本市場を立ち上げ、売上は3年で年商8億円(OEM販売を含めて13億円)まで成長。

1998年ワールプール退社後、経営コンサルティング&経営者教育を提供する、株式会社アルマックを設立。 会員企業4000社を超える経営者組織:ダントツ企業実践会を主宰。2003年12月休会。

2000年には、フォトリーティングと呼ばれる米国の加速教育法を日本に紹介。 著書多数。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら